長期優良住宅の情報が満載!

このサイトでは、長期優良住宅を証明する必要性や申請に必要な書類、認定されるまでの流れに条件を満たしている住宅かの調べ方、認定で得することを紹介してます。
この住宅は数世帯に渡って利用する事を想定した住宅で、認定を受けるにはそれなりの設備や環境が整った住宅でないといけません。
そのため、建築費用も一般よりもかかりますが長期的に見ると税金の支払いは有利です。
また審査は新築だけでなく中古物件でも基準を満たしてから手続きをすることで認められます。

長期優良住宅を証明する必要性

長期優良住宅を証明する必要性 長期優良住宅の証明を受けるには所定の申請と手続きが必要で、申請は登録住宅性能評価機関と所管行政庁に行います。
登録住宅性能評価機関は、国土交通大臣の登録を受けた機関のことで住宅の品質確保の促進などに関した法律に基づいて業務を行ってます。
最初にこの機関へ申請し、長期優良住宅の計画を作成して審査の依頼をしてそれが通れば適合証を受理出来ます。
受理した適合証と一緒に所管行政庁で認定申請の手続きを行い、ここでも審査がありそれを通過すれば認定通知書が送られて認められます。
手続は個人で行うとかなり大変ですが、新築物件だとハウスメーカーや工務店などの専門家がサポートします。
認定を受けるには手数料もかかり数千円から数万円ほどでこれも地域によって違い、これも工務店などにサポートを依頼するとその時の手数料もプラスされます。

長期優良住宅は老後も安心して暮らせるのが魅力

長期優良住宅は老後も安心して暮らせるのが魅力 建売住宅の中には、長期優良住宅に認定されているものがあります。
長期優良住宅とは、一定の基準をクリアしており安心して長く暮らせる住宅のことをいいます。
例えば、バリアフリー性があることや間取りが変更できるといった可変性があること、耐震性・省エネルギー性に優れていることなどが挙げられます。
将来、介護が必要になった際等にバリアフリーリフォームを簡単に行うことができますし、ライフスタイルに応じて間取りを変える事もできます。
子供が生まれたり、子供が成人して独立するといった時にも重宝します。
大きな地震が生じた場合等も修理が容易に済むように、損傷が低く抑えられます。
それから長期優良住宅は、定期的な点検やメンテナンスを行うことも求められています。
耐用年数が短い設備や内装についても、簡単に維持管理ができるような工夫も必要です。
こういった基準をクリアすると、税制面でのメリットを受けることができます。
住宅ローンの控除額が増えることもあるので、節税効果が高くなります。
高い耐震性が備わっているので、地震保険料が割引になることもあるようです。
建売住宅を購入する際には、長期優良住宅の認定を受けているかをチェックするようにしましょう。

住宅に関するお役立ちリンク

流山市の長期優良住宅の相談

新着情報

◎2019/4/26

サイト公開しました

「住宅 必要」
に関連するツイート
Twitter

RT @kimitoc: 投資クラスタや不動産関係クラスタにも火をつけた #私の住宅要求 スルガ銀行のサブリース契約みたいな詐欺そのものだった住宅投資話もあるので、悪徳業者の規制みたいなことが必要なのかも。 twitter.com/kimitoc/status…

Twitter谷中4丁目前田輪業@yanakakumagai

返信 リツイート 45分前

木造住宅の寿命は26~30年?? こんなことがよく言われているが、そのまま信用するのは業者のカモ。 これは「取り壊した住宅の平均築年数」にすぎない。 よって、住む築30年の家は、寿命が来たといって大慌てする必要はないということ。

Twitterマンション売って注文住宅検討中@mansyonjuutaku

返信 リツイート 4:15

RT @Toshitsukuri: #Minecraft 先月、人口が191.9万人を突破した舞田市。周辺町村からの流入が続き、中心部の過密化が懸念されている。郊外に、計画的な住宅地を形成する必要があることが議会で可決された。 pic.twitter.com/7y9Pa5heI4

RT @MontBambi: まず状況から。 私も彼も20代後半。数年の付き合いを経て一昨年同棲開始。 結婚が決まり、家購入を考え始めた理由は、 ・お互い転勤がない職場 ・社宅や住宅手当がない ・両実家新幹線レベルの遠方かつ今後も両実家に近づく必要がない(親確認済) などから、…

住宅ローン減税は50平米必要じゃなかったかな?ワンルームだと足りんよね。1LDKでも満たさないかも

住宅ローン控除考えれば実質家賃9万くらいでいける。東京離れることになっても賃貸はまあ埋まるだろうし、売るにしても2割以上下がるイメージない。都心のマンション購入にあんま怯える必要ないきもするけどやはり怖い。 pic.twitter.com/eAiXSbdkuN

まあ、確かに35年という超長期住宅ローンって今の雇用情勢を考えると制度疲労を起こしているよなぁ…とは感じる。ただ、良質な賃貸住宅の供給を増やすには公の力がやはり必要なんだよね… >RT

RT @TAMURATAKAAKI: 熊本地震から3年。仮設住宅の入居期限も今年までです。生活の再建には課題も多く、いっそうの支援が必要です。今日と明日、節目の調査を行います。仁比さん、真島さん、共産党熊本県委員会のみなさんとともに、被災者の声を聞きます。

シムシティで、住宅の建設現場にドーナツが必要なんだけどなんでだ。 SFCの建築構法論で習わなかったんだけど… 世の中の建築現場的には常識なのかな?これが世に言うSFC専門性低い問題ですか? pic.twitter.com/bd20aoGoz5

不安をしている方は、油断しないよう、 ①家具などの固定 ②住宅の耐震性は丈夫か ③防災バッグの中で必要なものを準備を揃っているのか ④非常食と飲み物は3日間(できれば、1週間) ⑤沿岸の方は、複数の避難路を確認して高台•頑丈な高いビル•津波避難タワーへ、巨大津波から逃げ間に合おー。

TwitterKenkenTV(急行センパイ)@KenkenTV3

返信 リツイート 0:04